コンタクトレンズのスマイルコンタクト【処方箋・検査不要!】[大阪梅田・堺東・上新庄・江坂]

簡単購入♪格安コンタクトレンズショップ スマイルコンタクト

社長ブログ

【完全版】これを見たら分かる!コンタクトレンズのデータの見方

こんにちは!

コンタクトレンズユーザーさんは、こんな経験をしたことがありませんか??
コンタクトレンズの購入の際などにコンタクトレンズのデータを確認しようと思ったら、いろんな内容が記載されていてなんのことだかわからない!

実はコンタクトには、度数だけではなく、色々なデータがあるので沢山の情報が書かれているのです。
そのため、何のデータか分からないことも多々あると思います。

しかし、この記事を見たらコンタクトのデータの見方が丸分かり!
今回はデータの説明など、詳細をご紹介したいと思います。

<<目の見え方について

目の見え方には、正視・近視・乱視・遠視とあります。
簡単に違いを説明します。

【正視】

目に屈折異常がなく、ピント調整が正常に行えている状態。

 

【近視】

網膜に届くまでに光の焦点(ピント)が合ってしまい、遠くのものが見えない状態。

 

【乱視】

光の焦点(ピント)が網膜上の一転に集まらず、物の形がはっきり見ることが出来ない状態。

 

【遠視】

網膜の後ろで、光の焦点(ピント)が合ってしまい、疲れやすい状態。

 

 

<<レンズデータの見方と意味

目の見え方が分かったら、次はレンズデータの見方です。
コンタクトレンズの箱の側面などに、数字やアルファベットが記載されていると思います。これがレンズデータです。

では、詳しく見ていきましょう!

*どんな見え方でも必要なレンズデータ*

  • PWR(パワー)・・・コンタクトレンズの度数。
               数値が高くなるほど、度が強くなります。
               記載例)-3.00(度が弱い)< -6.00(度が強い)
  • BC(ベースカーブ)・・・コンタクトレンズのカーブの度合い。
                 数値が低いほど、カーブは強く、高いほどカーブは弱くなります。
                 記載例)BC9.0(カーブが弱い)< BC8.8(カーブが強い)

  • DIA(ダイア)・・・コンタクトレンズの直径。
               これは、コンタクトごとに固定になっていることが多いので、購入の際には省略されることがほとんどです。
               記載例)DIA13.8、DIA14.0

上記3つのレンズデータは、基本的にどのコンタクトレンズにも必要なので記載されています。
近視用のコンタクトレンズは、上記3つが分かれば大丈夫です。

*乱視に必要なレンズデータ*

  • CYL(シリンダー)・・・コンタクトレンズの乱視の度数。PWRとはまた別なので、注意!
                数値が高いほど、度が強くなります。
                記載例)CYL-1.25(度が弱い)< CYL-1.75(度が強い)

  • AX(アクシス)・・・コンタクトレンズの乱視の角度。
                180度角度の人が多いので、180度以外の軸度の人は、コンタクトの種類が限られます。
                        記載例)AX90、AX180

乱視用は、CYL、AXの2つのデータがセットになっています。
全部で必要なレンズデータは、PWR、BC、DIA、CYL、AXです。
乱視用のコンタクトは、普通の近視用コンタクトより金額は高めになります。

*遠視に必要なレンズデータ*

  • ADD(アディション)・・・コンタクトレンズの加入度数。
                  PWR-6.00の度数で遠方を見るとき、ADD+1.00の加入度数が記載されていると、近くは-5.00で見ることになります。
                      例)ADD+1.00、ADD+0.75

遠近両用については、全部で必要なレンズデータは、PWR、BC、DIA、ADDです。
遠近両用のレンズは、人によって合うあわないがあります。
一度試してみることをオススメします。

<<自己判断で決めたりしない!

レンズデータの意味が分かったら、コンタクトレンズの購入は可能でしょう。
しかし、自分の判断で「このくらいの数値だろう」と、決めてしまうのはとても危険なことなのです!
なぜならば、視力が低下していることが白内障に代表される眼病などの原因で起こっている場合があるからです。

初めは、眼科を受診して正確な処方箋をもらいましょう!

処方箋に記載されているレンズデータを元にコンタクトを購入することがもっとも目の負担がかかりにくい購入方法です。

スマイルコンタクト上新庄店では、西原眼科と提携しています。
隣接しているので、受診から購入までスムーズに行うことが出来ます。
当日に、眼科受診、コンタクト購入が出来るので忙しい方には特にオススメです!

さらに、二回目以降の購入に関しては、

  • パッケージ
  • ブリスター
  • 処方箋
  • ご記憶なら口頭でもOK!

の上記一つでも当てはまったら、スマイルコンタクト全店で購入可能です。

>>詳しくはコチラをご覧下さい。

 

<<まとめ

いかかでしたでしょうか。
難しく書かれていたレンズデータもこんな意味があったのです!
レンズデータの意味が分かると、レンズを購入する際にも相談しやすいですよね!?
自分のレンズデータが分からない方は、予定を確認して眼科受診してみましょう!